RING SIZE

サイズについて

指輪のサイズ表

内径・内周・国際規格・指輪の号数 (サイズ)指輪の内径・内周 (指まわり) 国際規格の一覧表です

指輪の号数[サイズ] 指輪内径[mm] 内周・指まわり[mm] 国際規格
1号 13 40.84 41
2号 13.33 41.89 42
3号 13.66 42.94 43
4号 14 43.98 44
5号 14.33 45.03 45
6号 14.66 46.08 46
7号 15 47.12 47
8号 15.33 48.12 48
9号 15.66 49.22 49
10号 16 50.27 50
11号 16.33 51.31 51
12号 16.66 52.36 52
13号 17 53.41 53
14号 17.33 54.45 54
15号 17.66 55.5 55
16号 18 56.55 56
17号 18.33 57.6 57
18号 18.66 58.64 58
19号 19 59.69 59
20号 19.33 60.74 60
21号 19.66 61.78 61
22号 20 62.83 62
23号 20.33 63.88 63
24号 20.66 64.93 64
25号 21 65.97 65
26号 21.33 67.02 66
27号 21.66 68.07 67
28号 22 69.11 68
29号 22.33 70.16 69
30号 22.66 71.21 70

リングゲージ貸し出しサービス

ご購入時にサイズが解らなくても安心してお買い求めいただけます

ご購入時に【リングサイズが解らない】をご選択いただきますと、決済後1週間程度でリングゲージをご購入者様住所に送付いたします。

サイズ計測後、リングゲージに同封のシートにお作りするリングのサイズを記載いただき、リングゲージと一緒にご返送ください。

弊社で返送されたシートを確認後、リングの制作をさせていただきます。(0号以下の小さいサイズや、30号以上の大きいサイズも対応できます)

※購入前に、サイズが知りたい方・また婚約指輪など事前にサイズを測りたい方に、金属アレルギーでも安心のプラスチック製リングゲージを実質無料でレンタル出来るサービスもご用意しております。詳しくは、下記ボタンより商品ページをご確認ください。

リングゲージレンタルサービス

サイズの合わせ方

Ring Size
指の太さは時間や季節、体調によって変わるもの。人によっては体重の変化に関係なく2号くらい変わる人もいらっしゃいます。できれば、朝、夕と1日で2回以上リングゲージを使用して測って、ご自分のジャストサイズを見つけてみてください。

ジャストサイズって?

締め付けを感じない、外すときに関節付近で軽く引っかかる程度がちょうどいいとされています。リングゲージの大きいサイズから試して、ひとつずつサイズを落として、入らないと感じるサイズまで試してみましょう。入る中で一番小さなサイズから1号程大きなサイズがオススメです。「入るけど入ったら抜け無さそう…」という場合は、そのサイズが入る一番小さいサイズとして考えましょう。

10号⇒9号⇒8号まで入る。7号は関節から全く入らない。

10号

入れるときも外すときもスムーズで楽。 着用感はきつくない。軽く回ったり、上下に動くので少しゆるいかもしれない。

9号

入れるときも抜くときも関節で一回引っかかるが着け外しは苦ではない。 着用感もきつくない。動く感じも10号よりは少なく、着けていて気になるところはない。

8号

入れるときからきつい感覚があり、外すときは少し痛い。なんとか入ったという感じ。 着用感は根元まで行くとフィット。やや締め付けを感じる。

この場合、おすすめは【9号】になります。

〜着用感が分かるのは自分だけ〜

ジャストフィットのものが好きな人もいれば、ゆるめの着け心地が好きな人もいます。 ライフスタイルで毎日指輪は着けっぱなしの人もいれば、着脱を頻繁に行わなければならない人もいます。 アトリエクラムでお作り頂く指輪は、○.5号というサイズをお作り出来ます。 一番自分でシックリくる着け心地の指輪をぜひ探してみてください。

手・指タイプ別で選んでみるのもおすすめ

Type
1

関節と指の根元が
同じサイズの場合

指の根元にサイズを合わせるのがベスト。根元に行くまで、若干きつく感じるくらいがちょうど良いです。むくみの加減によって、関節で合わせるのか根本部分で合わせるのかの注意が必要なので、朝昼晩と指のサイズを計測してピッタリサイズを決めましょう。

指の形に合わせたデザイン選び

  • ナチュラル・シンプルに、落ち着いた印象がお好みならストレートデザインがオススメ
  • 長く細くすっきり見せたい方は、ウェーブやVラインのデザインをオススメ
  • ストレートタイプのこの指は、どんな指輪でも着けこなせるオールラウンダー。色々と試してみると自分に似合う新しい発見があるかもしれませんよ
Type
2

関節が太くて、
指の根元が細い場合

指の関節にサイズを合わせるのがベスト。 その中でもできるだけ指に入る中で一番小さなサイズを選んでみましょう。 着脱が多い人は自分で着脱できるサイズを選ぶのがベストです。

指の形に合わせたデザイン選び

  • プレーン、または一周デザインの入った、回っても気になりにくいデザインがオススメ
  • サイズが大きいということは着けている時に指輪が回ったり動いたりしやすいという点があるので、着け心地を変えることはできないですが、指輪が回ってしまってもデザインが変わることはないので気になりにくいですよ
  • 幅広デザインで大きめサイズでもフィット感がアップし指のくびれカバー効果も
  • 指輪が太くなればなるほど、サイズはきつく感じるものなので、例えば、2.5mm幅なら9号がベストな方は、3.5mm幅にすると10号が◎。ゆるめが好きな方は11号でもいいかな?と感じるほどです
Type
3

関節が出ていなくて、
指の根元が一番太い場合

指輪の止まる根元にあわせて選ぶのがベスト。 他の指の形の人と比べ、緩いサイズは指輪が抜けやすいのでジャストサイズがおすすめ。

指の形に合わせたデザイン選び

  • ジャストサイズを選んで着け心地やサイズ感は気にならないけれど、指が柔らかく「指輪が食い込んでいるように見えるのが気になる」という方には、動きのあるウェーブやVラインだと食い込みにくくなります
  • 薄いものよりは、厚みのある指輪の方が指輪の上に乗っているお肉と指輪の高さに差ができにくくなり食い込み感が軽減されます